輸出梱包

パレット梱包

小口の急な輸出案件で時間がない、混載便(CFS)で送るために梱包しなければいけないが費用を抑えたい、
様々な商品もスピーディーにまとめることができるストレッチフィルムで覆う比較的簡易な梱包仕様になりますので
コスト的なメリットと作業性が向上します。

スキッド梱包

現地での作業に不安がある場合,より安全にスムーズに作業行うために用いるケースが多い梱包スタイルです。
大型機械やコンテナに詰められない大きな貨物に対して適している梱包であり
コスト面でも大きなメリットがあります。

クレート梱包

梱包後にも、内容物を把握する事が可能です。 同じ設計のCASE(ケース)に比べて完成重量の軽量化
に期待できます。 また、密閉箱と比べるとコストが安いので、値段を抑えたいときにも用いられます。
ただし状況によっては透かし部分からのダメージによる破損、悪天候での輸送・保管には特に注意が必要です。
防錆を必要とするカートンものや機械製品などはバリア梱包をお薦めします。 

ケース梱包

合板や板により中の製品が見えない梱包です。大型製品や重量物また、防水や防湿を要する製品に適しています。
またナーバスな機械の輸送や機密上中身を見られたくない場合などに使われます。

フレスキッド梱包

重量は2トンぐらいしかないが長尺物で幅が広く効率良くにコンテナに積み込むことができない。
商品の高さを上げれれば・・・商品の角度を変えれれば等、通常梱包では出来ないものを形にする柔軟な梱包
になります。現地での荷降しが可能か確認が必要になります。

エコ梱包

木材を使用せず、環境、コストにもエコな梱包、主に大きな中古機械、重機などを輸出する際に適しています。
大きな機械や重機をクレートやケース梱包にすると非常に高くコストが掛かってしまいます。
現地に無駄な費用を掛けず低コストで輸出したいという要望にお応えします。

クロスキッド梱包

重量があり直接段重ねできない商品や荷重に耐えれない繊細な商品などを、コンテナの容積と積載重量を
最大限効率よく、効果的に活用する梱包になります。


ページ上部へ