保税倉庫(インポラントデポ)

保税倉庫 インランドデポとは?


保税倉庫(インランドデポ)には大きく分けて9つのメリットがあります。
  • 蔵置期間中の外国貨物には
    関税や消費税などが課されないため、
    その資金や金利負担などが掛からない。

  • 外国貨物の状態で輸出入品の
    点検、改装、仕分、手入れや値札付などの
    作業を行うことができる。

  • 税関長の許可を受けることにより、
    見本の展示、簡単な加工
    (食料品の加熱、洗浄、選別、ワックスがけ等)
    などを行うことができる。

  • 需要に応じた引取りや商機に適応した
    引取りができる。

  • 荷傷みなどで輸入商品の価値が無くなった場合、
    税関の承認を受けることで関税や消費税未納の
    状態で減却処分をすることができる。

  • 税関長の許可を受けることにより、
    当施設内に外国から持ち込まれる展示会や
    博覧会などの出展品、施設や資材などは、
    関税や消費税を未納のまま展示や使用ができる。

  • 地元での通関手続きが迅速に行える等、
    地元のニーズにきめ細やかに対応。
    混雑の度合いが高い主要港湾地域と比べ、
    地元での迅速な配送・集荷により、
    輸出入業務を迅速かつ効率的に実施。
    また、地元でのきめ細やかなサービスを望む地元ニーズにも対応。

  • 共同配送による輸送コスト効率化を実現
    取扱貨物量の少ない荷主であっても
    インランド・デポでこうした複数の荷主の
    貨物を取扱うことで、共同配送体制を構築し、
    輸送コスト効率化によるコスト低減を実現。

  • 保税運送に係る承認を取得していただければ、
    例えば、国際空港や海港から遠い地域でも、
    航空貨物の場合では、国際空港内の施設から
    身近な保税蔵置場までの間を保税運送により
    外国貨物のまま運送することができます。
    また、この保税運送に要する費用は、消費税が免除されます。

関西空港、大阪港・泉北港に近い最高立地
迅速な通関手続きときめ細かい対応
梱包プラン+バンニング+スピード通関+海上運賃
見直しで解決!!事業領域の拡大(一気通貫モデル)

※蔵置期間中の外国貨物には関税や消費税などが課されないため、
その資金や金利負担などが掛かりません。


輸出の場合、一般倉庫で梱包、コンテナ詰めをしてから、港湾地区の保税蔵置場にて
様々な申請や手続きあります。検査等の場合には、予測できない費用が
発生することもあります。
当社でも検査等はありますが、掛かる費用が大きく軽減できます。


◆輸入貨物は原則、保税地域に船下しされ、保税輸送などの関税法に定められた手続きにて、保税蔵置場に輸送されます。その後デバンニング作業を行い、搬入手続きを行います。
搬入手続き(申告→審査→関税納付→許可)され,お客様へ商品を発送します。

 

◆貨物の検査(税関検査)とは? 税関検査とは、申告の内容と貨物との同一性の確認を
貨物の現品によって確認する行為のことです。


ページ上部へ